さやちゃんの育児日記

育児の悩み、見つけた便利グッズや技、日々の呟き等々書いていきます。

今日は最悪・・・切迫早産中

自宅安静で動けないので、ストレスが溜まってます。
小さなことですっっごくイライラしてしまい

ムキーーーッ!!

となる。

スポンサードリンク


さっき夕飯が終わって、主人が片付けをしてくれてました。
申し訳ないなー、と思いながら私はソファで横になり息子と一緒にアンパンマン観賞。
すると、主人が

「アメリカでは切迫早産になって自宅安静でも、日本と違って家事は禁止されないし、入院もしないんだって。子宮頸管は動いたから短くなるとかいう考えじゃないらしいよ。だから、普通に家事とかするらしい。」

と言ってきました。

カチーーン!

で?
何が言いたいわけ?
私に家事しろと?
アメリカではどうかしらんが、私は医者の指示のもとじっとしてるし、先週夕飯を作るのにキッチンに立って、お腹が張って辛かったんですけど。
私がご飯作ってる間、息子にテレビ見せて、あなた寝てましたよね??

とは言わなかったけど。
主人がそういうつもりで言ったわけじゃないのは分かってるし。
私を心配して切迫早産について調べたら出てきた情報なんだろう。

だけど、無性にイライラして、一日寝てることを責められた気がして。
つい
「じゃあ、アメリカでは切迫早産になっても動き回って、早産になってもしょうがないってことなんだね。」
と、よくわからない返事をしてしまった。

主人が困惑気味に
「しょうがないってことじゃないでしょ。ただ動いても動かなくても一緒って考えで。」

引っ込みがつかない私は
「でもら入院もしないってことは、切迫早産が酷い状況でも点滴もしないでほったらかしってことよね。早産になったら諦めるってことでしょ。」
と、もはや意味不明。

主人も
「いや、諦めるとかしょうがないって意味がわからないんだけど。」

シーンとなって話は終了。

私がたわいもない主人の話に、被害妄想で勝手にイライラして。
私のために家事も育児も頑張ってくれて。
残業しないように会社でも頭を下げてくれているだろう。
そんな主人に八つ当たりして、何も言わずに布団に逃げて自己嫌悪で・・・。
最低だ私。

スポンサードリンク


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク