さやちゃんの育児日記

育児の悩み、見つけた便利グッズや技、日々の呟き等々書いていきます。

息子、歯科検診に行く。

スポンサードリンク

今日は息子の歯科検診に行ってきました!
私が仕事復帰すると保健所がやっている歯科検診には中々行けなくなってしまうので、とりあえず一回見ておいてもらおうと思ったのです。
月に1回平日にしかやっていないので、こういうとき働いていると不便だよな~。と思っちゃいます。

本当は10ヶ月~1歳3ヶ月の子ども対象の歯科検診に行きたかったんですが(歯ブラシが貰えるらしいので)予約がいっぱいになってしまってたので年齢を問わない個別検診の方に行きました。

今回は、歯のチェック、フッ素塗布、歯磨き指導をやってもらう予定でした。
まずは歯のチェックから。
保健師さんに口を開けられて泣く息子。噛みつかないかハラハラしたけど、なんとか泣くだけで我慢してくれました。

歯は、下2本、上2本がしっかり生えてて上はさらに2本チラッと見えてきています。
フッ素塗布は、6本しっかり生えてるくらいから始めるのをお薦めされたので今回はやめておきました。

続いて歯磨き指導。
上の歯はすきっ歯状態なんですが、その間の歯茎を触ると痛がるので横に磨くのは止めて下さいね~。と言われました。横に磨いてたよ・・・気を付けよ。
すきっ歯は他の歯が生えてきたら自然に治っていくものだそうです。良かった~。
そして
上の歯は唾液が届きにくいのでしっかり磨くように
とのこと。
でも、嫌がるんだよな~。
と思ったら
「嫌がるからと、さっとするだけでしっかり磨けていなくて、上の歯が虫歯になる子が結構いるので、しっかり磨きましょうね」
保健師さん・・・エスパーか!?

歯磨きもやっぱり習慣付けが大切なので、上の歯が生えてきたら歯磨きは始めること。
1日1回、夜寝る前だけでいいので毎日磨くことを心掛けるように。
ということでした。
まだ虫歯になりにくいからと、磨いたり磨かなかったりすると、大きくなったときに歯磨きをしたがらない子になりやすいんだとか。
親が歯磨きする姿を見せて、歯磨きはするものだと覚えさせることもいいそうです。

で、夜中の授乳について聞いてみました。
我が家は夜間断乳をしてたんですが、ここ最近明け方にお腹が空きすぎるのか、私の服を捲ってまで飲もうとしてくるので飲ませてしまっているのです。
やはり、夜中の授乳をしている子はしていない子よりも虫歯になりやすいそうです。

対策としては
授乳後子どもが熟睡したら上の歯だけでも濡れたガーゼでさっと拭く。
もしくはスポイトに水を入れておいて授乳後1、2滴歯にかける。

これだけでもかなり違ってくるそうです。
授乳の度ではなく、最後の授乳のときだけでいいとのこと。
スポイトで水をかけるくらいなら簡単にできそうです。

その保健師さんの話によると、夜間の授乳は虫歯以外にも歯が柔らかくなりやすいので、1歳を過ぎる頃には夜中の授乳は止めることをお薦めするそうです。
昼間は、喋ったりして唾液が口の中を回るから、授乳しても問題ないのでどんどんあげてください!ということでした。

因みにフッ素塗布は6本歯が生えてきてから始めて、4~6ヶ月ペースで4歳まで続けるのが理想的なんだそうです。


今日は色々教えてもらって勉強になりました!
仕事復帰したら行けなくなるので、掛かり付けの歯医者を探してフッ素塗布を定期的にやってもらうようにしようかな~。
私が結構虫歯が多くて銀歯だらけなので、息子には虫歯にならないよう気をつけてあげたいです。
小さい頃の虫歯は親の心掛け次第ですからね。

スポンサードリンク